• HOME
  • スタッフブログ
  • 左上第二小臼歯部分にフラップレスでインプラントを埋入しました。2017.09.13
インプラント歯科2017年09月13日
左上第二小臼歯部分にフラップレスでインプラントを埋入しました。2017.09.13

 

2017.09.13 CT_R23.jpg 

左上第二小臼歯部分にインプラントの埋入を計画します。

CTシミュレーションです。

骨の形状は良好ですので、粘膜剥離を行わないフラップレス埋入オペが可能と判断しました。

 

IMG_9606_R23.JPG

上下歯列の型取りとフェイスボウトランスファーを行い、上顎歯列と顎関節の関係を記録します。 

 

 IMG_0111_R23.JPG

フェイスボウの記録を利用して、咬合器に上下歯列模型をマウントしました。

 

 IMG_0113_R23.JPG

IMG_0115_R23.JPG

模型上でシミュレーションしてサージカルステント(ドリルガイド)を作成し、準備は完了です。 



IMG_0116_R23.JPG

本日いよいよインプラント埋入オペに臨みます。

前後の歯も今後治療を進めていきますが、まだ手つかずの状態です。

この部分は抜歯とメタルタトゥーの切除を行った場所です。

メタルタトゥーの切除と抜歯から約5週間経ちました。2017.05.24

 

IMG_0119_R23.JPG

サージカルステントの適合を確認し、慎重にドリリングを開始します。

 

IMG_0125_R23.JPG

まずはパイロットドリルで浅い部分までドリリングして確認します。

 

IMG_0129_R23.JPG

深度ゲージを挿入してレントゲンを撮影します。 

 


2017.09.13 01_R23.jpg

レントゲン写真です。

 予定通りの位置・角度にドリリング出来ていますのでドリルステップを進めていきます。

 

 IMG_0134_R23.JPG

上顎洞底を拳上するためにオステオトームを用いている場面です。

 

IMG_0137_R23.JPG

予定通り上顎洞底の拳上もできて、インプラント埋入窩の準備完了です。


IMG_0142_R23.JPG

いつものようにインプラントはスイスのストローマンインプラントを用います。

 BLTインプラント SLActive φ3.3 長さ10㎜ 

 

 IMG_0145_R23.JPG

インプラントをモーター埋入している場面です。



埋入を終えました。青いパーツは埋入時用のジグです。

 

IMG_0146_R23.JPG

咬合面観です。

近遠心幅が狭いのでポジションの位置決めには緊張します。

 

IMG_0152_R23.JPG

挿入ジグを外しました。

 

IMG_0da153_R23.JPG

封鎖スクリューでインプラントフィクスチャーを保護します。

 

IMG_0155_R23.JPG

IMG_0158_R23.JPG

フラップレス埋入オペでは出血もあまりありません。

 無事に終わりました。

 

2017.09.13 02_fdR23.jpg


上顎洞底が拳上されて、テント状になっていることがよく分かるレントゲン写真です。

拳上された部分は穏やかに骨化していくと考えられています。

 

N・Sさん、東広島市西条町からのお越しに恐縮いたします。

あとは月日が経つのを待つばかりですね!

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス