スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

口腔外科処置広島

2024.4.3

歯根の先端が炎症を起こしていた大臼歯の抜歯 2024.04.03|根尖病変|膿の袋

初診時の左上第二大臼歯の状態です。(矢印)

症状が出ておられ、他院にて根管治療中の状態です。

いかなる状態からでも弊オフィスに来て頂いて問題ありません。

_

オフィス内のCTによる歯列に合わせた断面画像です。

歯根の先端に黒く写る炎症像(根尖病変)があり、いわゆる膿んでいる状態になっています。

この歯が原因で過去に副鼻腔炎になったとお聞きしました。

_

頬側口蓋側での断面です。

骨が溶け、黒く見える炎症像が歯根の分岐部(股の部分)にも及んでいます。

白く見えるのは根管充填材料です。

_

少しずらした画像です。

骨硬化像も見られるため、慢性的に時間をかけてこの状態に陥ったと考えられます。

_

デンタルレントゲン写真です。

この歯のようなケースでは、2次元のレントゲンでは診断が困難であると言えます。

3次元的診断が可能なCTが必須です。

_

歯根分岐部まで炎症が及んでいることから、治療により改善する可能性は残念ながら低いと考えられます。

体に慢性的な炎症を残しておくと、血管を通して心臓にも悪影響を及ぼします。

ご相談の上、抜歯をご決断です。

私は本音でしか患者さんにご説明いたしません。

助からない歯を、あたかも助かるかのように言って不毛な治療を行う「ビジネス歯科医」にはなりたくないからです。

妻や子どもにする治療のみを行います。

_

表面麻酔と注射による局所麻酔を行い、ヘーベルで歯を動かしていきます。

顕微鏡動画からのGIF動画です。

_

抜歯鉗子でグリップして慎重に動かして抜歯します。

_

口蓋根の先端には膿の袋が判りやすく付いて出てきました。

_

他の歯がこうならないようにすることが、今から出来る最も大切なことであり、この歯の供養になると考えます。

1.神経(歯髄)を取らないで済むように、むし歯にしないようにする→ブラシ・フロスでのお手入れ

2.残念ながら神経を取るのであれば、最初の治療で拗らせないように適切な処置を受ける→歯科医師選び

この2点に尽きます。

_

抜歯後の穴(=抜歯窩:ばっしか)にはまだまだ大量の炎症性の肉芽組織が存在していますので

しっかりと掻爬(そうは:掻き出すこと)します。

これだけの炎症性組織が、再根管治療によって回復すると考えるのは現実的とは言えません。(個人の見解です)

_

取り残しの無いように、顕微鏡下で確認しながら行います。

抜歯自体よりも、肉芽組織をしっかり掻爬することの方が大切です。

このように私は一日中顕微鏡を覗いて治療し、ビデオ・写真を撮っています。

_

抜歯窩の掻爬を終えました。

_

ここからは止血処置に移ります。

コラーゲンスポンジを挿入して血液の貯留を助けます。

_

抜糸不要な吸収性の縫合糸で縫合します。

_

本日の治療の終了時です。

ご体調もきっと良くなると信じています。

_

M・Mさん、よくぞご決断なされ、頑張られました。

このブログもかなり昔の記事からご覧いただき光栄です。

この歯の記事が、どこかでお困りの方のお役に立つことを私も願っています。

_

広島市の自由診療専門の歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

根尖病変のある左下第二大臼歯の抜歯と掻爬(そうは) 2024.05.31|抜歯後の骨増生

根尖病変のある左下第二大臼歯の抜歯と掻爬(そうは) 2024.05.31|抜歯後の骨増生

歯根吸収を起こしていた右下奥歯の抜歯 2024.05.29|根尖病変

歯根吸収を起こしていた右下奥歯の抜歯 2024.05.29|根尖病変

メタルタトゥーの切除から4年8ヵ月経過した歯ぐきの状態です。2024.04.16|金属刺青|入れ墨

メタルタトゥーの切除から4年8ヵ月経過した歯ぐきの状態です。2024.04.16|金属刺青|入れ墨

歯根破折した左上第二小臼歯を抜歯して骨増生処置を行いました。2024.03.22

歯根破折した左上第二小臼歯を抜歯して骨増生処置を行いました。2024.03.22