• HOME
  • スタッフブログ
  • 矯正治療のための抜歯(便宜抜歯)のご依頼には治療レポートを作製します。2012.01.06
オフィスポリシー口腔外科処置2012年01月06日
矯正治療のための抜歯(便宜抜歯)のご依頼には治療レポートを作製します。2012.01.06

 

 

歯科矯正治療の場合、便宜的に抜歯をすることでスペースを確保し

その隙間を利用して歯並びを改善する手法が一般的に行われます。

現代人は従来に比べ顎が小さくなったため

歯のサイズが顎に対して相対的に大きくなってしまうことが原因です。

弊オフィスにも矯正治療のための抜歯や治療のご依頼をいただきます。

処置後には下のような治療レポートを作製して原則として当日夜に

ご依頼くださった先生にメールでお知らせするようにしています。

2011.12.26_R1.jpg

左右上下第二小臼歯4本の抜歯のご依頼をいただきました。

まずは左上下の抜歯の際の治療レポートです。

2012.1.5_R1.jpg

10日後に反対の右上下第二小臼歯の抜歯をした際の治療レポートです。

抜歯はどの歯でも1度しかありません。

きちんと記録に残すことが大切だと考えています。

治療のご依頼を頂いた場合

患者さんのCT撮影したデータもご紹介頂いた先生にお渡ししています。

 

抜歯に限らず、矯正治療時に必要となる修復治療・根管治療なども

承っていますので是非ご相談ください。

広島市の歯科口腔外科 三好デンタルオフィス

 

厚生労働省 医療広告ガイドライン に沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)