スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

メタルフリー歯科広島

2023.3.30

取れていなければ大丈夫?|右上第一大臼歯の金属の内部汚染 2023.03.30|銀歯の問題点|広島

右上第一大臼歯の金属を除去します。

金属除去ですから金属切削片から口腔粘膜を護るためにラバーダムを装着してスタートします。

金属のつめもの・かぶせものが口腔内にあると金属アレルギーのリスクを高めますが、

金属切削片を高速で撒き散らし、口腔粘膜に触れさせると更に金属アレルギーを惹起する可能性が高まります。

    

金属のつめものを除去した内部の汚染が判る写真

まずは金属の詰め物(メタルインレー)を除去しました。

痛くなく、取れていなくても内部はこの状態です。

金属は熱膨張率が歯よりも大きいため、熱い食べ物を食べると膨張して歯にストレスを与えてしまいます。

また熱による体積の変化は周囲からの漏洩の原因ともなりえます。

金属は細菌付着性が歯質よりも高いこともむし歯リスクを高めます。

 

矢印部分には過去のアマルガム充填の残りも存在していました。

アマルガムとは金属粉末と水銀を練り合わせた化合物です。

先にアマルガム充填の治療がなされていた歯に金属の詰め物をセットする準備(支台歯形成)をする際に

底面のアマルガムを取ることなく残置したものと思われます。

このアマルガムの上に銀合金の金属インレーがセットされると

異種金属が接することとなり、ガルバニ電流が発生し腐食が起こります。

異種金属の接触は避けたいものです。

 

アマルガムと白い保護セメントを除去しました。

内部の黒さに毎度驚かされます。

 

除去した金属です。これをコップに入れて水を飲むことは出来ません。

このような金属を改めてセットすることは自分の子どもにはできませんので

患者さんにも致しません。

※セラミック修復いたしました。

  

I・Eさん、島根県益田市からのお越しに恐縮です。

今日もまたひとつ金属が無くなりました。

  

広島市の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス 

こんな記事も読まれています

金属のかぶせもの・メタルコアを除去しました。2023.08.17|内部の汚染

金属のかぶせもの・メタルコアを除去しました。2023.08.17|内部の汚染

左下第一大臼歯のメタルクラウン・メタルコアを除去しました。2023.08.17|広島

左下第一大臼歯のメタルクラウン・メタルコアを除去しました。2023.08.17|広島

ネジを取る|左下第一大臼歯のスクリューポストを除去しました。2023.07.05

ネジを取る|左下第一大臼歯のスクリューポストを除去しました。2023.07.05

スクリューポスト+メタルコアの複合コアを除去しました。2023.06.01|珍しい状態のコア

スクリューポスト+メタルコアの複合コアを除去しました。2023.06.01|珍しい状態のコア