スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

メタルフリー歯科

2022.8.31

左下第一大臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.08.31

左下第一大臼歯の金属冠(メタルクラウン・FCK)とメタルコアを除去します。(矢印)

  

金属除去ですのでラバーダムを装着して金属切削片から口腔粘膜を保護します。

金属切削片が触れるだけでも金属アレルギーを惹起する可能性があります。

  

顕微鏡下で録画しながら、まずは金属冠に切れ目を入れて除去しました。

メタルコア(金属支柱)が見えています。

内部にもう一つ金属が存在しているのです。

   

外した金属冠の内部です。

  

メタルコアも慎重に切れ目を入れて除去していきます。

力任せは歯を割ることとなりますので、取れる方へゆっくりと「頭」で取っていきます。

まずは近心側(手前側)が取れました。

   

除去したメタルコアの近心半分です。

数分前まで口腔内にあったものですが、到底舐めることは出来ません。

  

続いて遠心側(奥側)に臨みます。

  

遠心側も無事に取れました。

近心側に歯面に残っていたセメントもいっしょに取れています。

  

ついに金属の蹂躙から解放できた歯の状態です。(個人の見解です)

次回より再根管治療を行います。

     

人体の一部である一本の歯から取り出した金属です。

   

 

「また新しい金属をご準備して次回セットします」とは、どうしても言えませんので

弊オフィスでは金属治療を完全に廃止しています。(チタンであるインプラント治療を除く)

※保険医登録の辞退と保険指定医療機関の辞退をしていますので保険診療は行っておりません。

※よって保険証のご提示はお願いしておりません。

 

K・Jさん、本日もまた金属が無くなりました。

次回からの再根管治療も頑張っていきましょう! 

  

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス  

こんな記事も読まれています

左下第二大臼歯の金属を除去しました。2022.11.11

左下第二大臼歯の金属を除去しました。2022.11.11

左上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。内部汚染 2022.11.09

左上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。内部汚染 2022.11.09

右下第一大臼歯の金属を除去した内部の状態です。2022.10.11

右下第一大臼歯の金属を除去した内部の状態です。2022.10.11

上顎前歯メタルコアを除去した内部の状態です。軟化象牙質 2022.10.07

上顎前歯メタルコアを除去した内部の状態です。軟化象牙質 2022.10.07