スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

メタルフリー歯科

2022.8.19

金属のつめもの内部のむし歯と、接していた部分のむし歯 2022.08.19

幼少期に治療を受けられた、症状の無い右下第一大臼歯の金属をラバーダムを装着して除去します。

      

幼少期に受けられた金属治療の内部はこのようになっていました。

幼いお子さんが頑張って治療を受けて、将来的にこのようになったとすれば

歯科医師として言語化することが困難な気持ちになります。

弊オフィスでは、保護者の方が治療を受けられている方以外のお子さんの治療をお断りしています。

本当に治療が必要な歯に対して、その治療を耐えられる時期に、適切な治療を行いたいからです。

時期を誤った治療・応急処置は、成長後に遺恨を残すことに成りかねません。

 

さらに、金属と接していた手前の歯(右下第二小臼歯)にクレーター状のむし歯が出来ています。

自分が治療をしたとして、このような結果を招いたとすれば、もはやそれは治療ではありません。

このケースでは金属でしたが、セラミックでもコンポジットレジンでも

不適切な治療は不適切な結果を招きます。

歯科治療の技術の差は材料の差ではありません。

  

K・Yさん、今回から残り半分ですね、頑張って進めましょう!

  

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

左下第二大臼歯の金属を除去しました。2022.11.11

左下第二大臼歯の金属を除去しました。2022.11.11

左上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。内部汚染 2022.11.09

左上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。内部汚染 2022.11.09

右下第一大臼歯の金属を除去した内部の状態です。2022.10.11

右下第一大臼歯の金属を除去した内部の状態です。2022.10.11

上顎前歯メタルコアを除去した内部の状態です。軟化象牙質 2022.10.07

上顎前歯メタルコアを除去した内部の状態です。軟化象牙質 2022.10.07