スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

セラミック歯科

2021.12.21

右下親知らずの抜歯と7個の金属を除去しました。2021.12.21

IMG_0024_R4.jpg

口腔内の全ての金属を除去すること(=メタルフリー)をご希望です。

 IMG_0026_R4.jpg

金属は合計7個、右下には親知らずも半埋伏(はんまいふく)しています。

新幹線で他県よりお越しですので、可能な限り少ない回数での治療をご相談の上、計画します。

自由診療専門の歯科である故、制度上の縛りは何一つありません。

 IMG_0594_R4.jpg

 まずは右下の半埋伏智歯から抜歯します。(治療1回目:初診時除く)

IMG_0595_R4.jpg

表面麻酔後に注射による麻酔を行い、親知らずを露出させます。

IMG_0597_R4.jpg

ヘーベルで動かし、脱臼させます。

IMG_0604_R4.jpg

抜歯鉗子でグリップし抜歯します。

IMG_0620_R4.jpg

無事に抜歯できて安堵します。

IMG_0624_R4.jpg

親不知であるが故、歯根は退化傾向にあります。

IMG_0606_R4.jpg

抜歯窩(ばっしか)の止血を行います。

IMG_0608_R4.jpg

抜歯窩挿入用の抗生物質 TCコーンを砕いて少量入れます。

IMG_0609_R4.jpg

吸収性のゼラチンスポンジを挿入して血液の貯留を助けます。

IMG_0610_R4.jpg

このままでCO2レーザーを照射して完了でも良いのですが、軽く縫合することにしました。

IMG_0626_R4.jpg

抜糸不要の吸収性の糸でふわっと縫合しました。

IMG_2286_R4.jpg
抜歯後1ヶ月の状態です。
吸収性の糸の残骸が少し残っていますので取り除きます。


抜歯後の傷も癒えましのたので、いよいよ金属の除去に取り掛かります。(治療2回目)

IMG_2292_R4.jpg

金属を除去しますのでラバーダムを装着して、金属切削片から口腔粘膜を保護します。

金属の切削片は金属アレルギーを惹起する可能性があり、

金属を除去することで金属アレルギーを引き起こしたとすれば本末転倒です。

IMG_22911_R4.jpg

IMG_22931_R4.jpg

金属を除去しました。

IMG_22961_R4.jpg

除去した金属の内面です。

境い目から漏洩していることが判ります。

IMG_22941_R4.jpg
う蝕検知液を用いて、軟化象牙質(=むし歯)を取り除きました。

IMG_22951_R4.jpg

接着処理を行い、コンポジットレジンで象牙質保護を行いました。

IMG_23041_R4.jpg
セレックでスキャンし、セラミック修復物をデザインします。

IMG_23061_R4.jpg
酸化物セラミックであるe.maxCADを用いて製作します。

IMG_23071_R4.jpg
削り出しを終えました。

IMG_23081_R4.jpg
口腔内で適合と接触圧を確認します。

IMG_23091_R4.jpg
研磨して840℃で焼成します。

IMG_23181_R4.jpg
乾燥状態で接着し、咬合調整を行い完成です。
IMG_23141_R4.jpg
舌側面です。

IMG_24991_R4.jpg
右上臼歯の3個の金属を除去してセラミック修復を行います。(治療3回目)

IMG_25001_R4.jpg
まずはラバーダムを装着して金属除去していきます。

IMG_25051_R4.jpg
金属を除去出来ました。

IMG_25071_R4.jpg
う蝕検知液を用いて、むし歯部分を染色し、切削と染色を繰り返しました。

IMG_25081_R4.jpg
接着処理を行い、コンポジットレジンでコーティングしました。

IMG_25111_R4.jpg
パウダリングしてセレックでスキャンします。

IMG_25121_R4.jpg
3個のセラミック修復物をデザインします。

IMG_25201_R4.jpg
適合を確認します。

IMG_25221_R4.jpg
840℃で焼成します。 

IMG_25351_R4.jpg
乾燥状態で接着し、咬合調整しました。

IMG_25321_R4.jpg
右上臼歯の治療が終わった状態です。

この状態から金属に戻すという気持ちにはなれないと私は考えます。(私見です)

IMG_30411_R4.jpg
最後となる左上臼歯部に取り掛かります。(治療4回目)

IMG_30521_R4.jpg
アップで見ると金属と歯の間の隙間がよく判ります。(顕微鏡画像画面撮り)

IMG_30541_R4.jpg
いつものようにラバーダムを装着して金属を除去しました。

IMG_30581_R4.jpg
う蝕検知液を用いて、なんが象牙質を除去します。

IMG_30611_R4.jpg
セレックでスキャンします。

IMG_30621_R4.jpg
迅速にデザインします。

IMG_30701_R4.jpg
適合をチェックします。

IMG_30731_R4.jpg
840℃で焼成します。

IMG_30761_R4.jpg
乾燥状態で接着し、仕上げを終えました。

IMG_30791_R4.jpg
IMG_30831_R4.jpg

初診時+治療4回=計5回
右下の親知らずの抜歯と7個の金属を除去してセラミック修復しました。

医療広告のガイドラインのため、患者さんの声を記載することは出来ませんが、

「治療・来・のが・しい・思っ・のは・じめ・です。」

歯科医師冥利に尽きるお言葉ありがとうございます。

F・Rさん、メインテナンスでまたお会いできることを楽しみにしております。

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

上顎の4個の金属を除去してメタルフリーの達成です。2022.07.26

上顎の4個の金属を除去してメタルフリーの達成です。2022.07.26

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15

左上第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.07.13

左上第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.07.13

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25