スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

セラミック歯科

2021.11.20

左下第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2021.11.20

IMG_2289_R4.jpg

左下第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行います。

IMG_2291_R4.jpg

金属を除去しますのでラバーダムを装着して、金属切削片から口腔粘膜を護ります。

金属アレルギーのことを考えますと、微小な切削片を粘膜に出来るだけ触れさせないことが重要です。

IMG_2293_R4.jpg

金属除去を終えました。

画像左側:左下第二大臼歯との接触部分はむし歯になっていますので明瞭な形成に仕上げていきます。

過去のセメント裏層(りそう)が見えていますので、過去の人工物は全て除去します。

IMG_2296_R4.jpg

除去した金属の内面です。

やはり周囲から漏洩していたことを伺わせます。

IMG_2294_R4.jpg

う蝕検知液を用いて、切削と染色を繰り返しました。

IMG_2295_R4.jpg

接着処理とコンポジットレジンでデンティンシール(象牙質保護)を行います。

IMG_2304_R4.jpg

パウダリングしてセレックでスキャンして迅速にデザインします。

IMG_2305_R4.jpg

セラミックブロックから削り出し(ミリング)ます。

IMG_2306_R4.jpg

e.max CAD

こんな記事も読まれています

上顎の4個の金属を除去してメタルフリーの達成です。2022.07.26

上顎の4個の金属を除去してメタルフリーの達成です。2022.07.26

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15

左上第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.07.13

左上第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.07.13

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25