スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

メタルフリー歯科

2016.6.15

明確な境目で治療を行うべきと考えます。2016.06.15

 

IMG_0949_R22.JPG

右上第二小臼歯ミラー像です。

本日はこのメタルインレーを除去します。

 

IMG_0950_R22.JPG

金属を除去しました。

赤矢印の部分は

「金属で継ぐつもりはなかったので削らなかったけど、金属を作るときにカバー出来たからしておいた」

という部分です。

金属治療においてはしばしばこのような状況が見受けられます。

理由として歯科技工物を外注に出して歯科技工士さんが製作を担当しますので

どこまでをカバーするのか明確な意思が伝わっていない・判断できないという点と

多めにかぶせておいた方が歯科医師からのクレームが出ないのでそうしているということが考えられます。

いずれにせよ、こういう形態はセラミックでは破損の原因となりますので

不明瞭で移行的な形態は避ける必要があります。

せめて、「ここまでを継ぐ」という明確な意思のもとで治療を行う必要があると私は考えています。

 

IMG_0958_R22.JPG

除去した金属です。

 

N・Cさん、どんどん金属が無くなってきました。!

本日も興味深いお話ありがとうございます。

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

金属治療を肯定できない広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

厚生労働省 医療広告ガイドライン に沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

こんな記事も読まれています

左下第一大臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.08.31

左下第一大臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.08.31

金属のつめもの内部のむし歯と、接していた部分のむし歯 2022.08.19

金属のつめもの内部のむし歯と、接していた部分のむし歯 2022.08.19

右上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.07.13

右上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.07.13

左下第一大臼歯の金属を除去した内部はこの状態でした。2022.07.08

左下第一大臼歯の金属を除去した内部はこの状態でした。2022.07.08