スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

メタルフリー歯科

2021.2.20

ヒビが入って痛みが出ていた左下第二大臼歯の金属を除去しました。2021.02.20

IMG_773d9_R28.JPG

左下第二大臼歯にヒビが入っており(矢印)、痛みが出つつあるとのことです。

 

IMG_77432_R28.JPG

局所麻酔後にラバーダムを装着して金属を除去しました。

 

IMG_7740_R28.JPG

ヒビの部分の顕微鏡画像の画面撮りです。

画面下が奥側です。

亀裂に沿って黒くなっていることが判ります。

第二大臼歯はもっとも咬合力がかかる歯でありますので、そういった面では割れやすい歯でもあります。

加えて、セットされていた金属のつめものによるクサビ効果や、熱膨張率の影響も否定できません。

 

IMG_7745_R28.JPG

古いセメントを取り除いて、う蝕検知液で軟化象牙質を染色しての切削を繰り返します。

 

IMG_7747_R28.JPG

う蝕検知液でピンクに染めた状態での顕微鏡画像の画面撮りです。

深いところまで及んでいることが判ります。

 

IMG_7749_R28.JPG

染まる部分の切削を終え、咬んでこれ以上割れないように

奥側の高さを下げて不慮の事故を防ぎます。

 

IMG_7750_R28.JPG

接着処理を行い、今日のところはコンポジットレジンでコーティングして経過観察します。

この状態で様子をみて、痛みが消失するようでしたらセラミック修復します。

痛みが治まらないようでしたら歯髄へのダメージが考えられ、神経を取る必要性(根管治療)が出てきます。



IMG_7750 - コピー_R28.JPG

アップです。

矢印部分にヒビの予備軍のような亀裂がうっすら見受けられます。

このような状態では奥側を修復したのちに矢印部分からヒビが入るということも考えられます。

こうしたケースにおいては、割れる前に咬合面をカバーしておくことが好ましいと考えます(予防拡大)

建前ではできるだけ歯を削りたくはありませんが、割れてしまって歯の命が終わってしまうことを避けるため

常に本音でご説明しています。(歯が割れて喜ぶのは歯医者だけです(一般論として))

そういった面では「とにかく、なにがなんでも、できるだけ歯を削らない治療」をご希望の方には

弊オフィスはお役に立てないと考えます。

患者さんの自己決定権の名のもとに、言われるがまま治療をするならば

それはもはやプロとは呼べず、信頼される歯科医師ではないと思うからです。

 

F・Tさん、この歯が助かることを祈っています。

 

相談はお気軽にこちらからどうぞ。 

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

 

厚生労働省 医療広告ガイドライン に沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

こんな記事も読まれています

右上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.07.13

右上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.07.13

左下第一大臼歯の金属を除去した内部はこの状態でした。2022.07.08

左下第一大臼歯の金属を除去した内部はこの状態でした。2022.07.08

右上第一大臼歯のメタルクラウンとメタルコアを除去した内部です。2022.05.17

右上第一大臼歯のメタルクラウンとメタルコアを除去した内部です。2022.05.17

左下第一大臼歯のセラミック修復とメタルタトゥー除去 2022.04.30