スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

口腔外科処置広島

2016.8.12

抜歯とメタルタトゥーの切除を行いました。2016.08.12

 

左上第一大臼歯のメタルタトゥー金属粒子が歯ぐきに入り込んだ状態の写真IMG_3655_R22.JPG

右上第一大臼歯の歯根の写真です。

セットされていたメタルコアコアとメタルクラウンが脱離しており

三脚のように3根ある歯根が中央で近遠心的に分断されています。

原因としてむし歯の進行と力による破折が考えられます。

また、画像中央下部に三日月型にメタルタトゥー(金属刺青)が存在しています。

これは過去の治療時に金属を口腔内に盛大に削った切削片が歯肉に入ってできたものです。

 

IMG_3659_R22.JPG

ここまで悪化していますと抜歯せざるを得ません。

局所麻酔を行い、まずはメタルタトゥーを切除します。

歯根分割による歯の保存に関しては私は否定的です。

サイズが小さくなりしかも位置も偏心することはもちろんのこと、

もともと三脚となっている歯を分割するわけですから力学的なバランスが悪くなることも否めません。

いわゆる一時しのぎとしては機能するかもしれませんが、妻であれば絶対にしない手法です。(私見です)

 

右下第二大臼歯のメタルタトゥー金属粒子が歯ぐきに入り込んだ状態を切除した写真IMG_3657_R22.JPG

切除したメタルタトゥー部分の歯肉です。

黒く見える部分が金属切削片です。

この状態を見るだけでも天然歯に金属をセットしてはならないと私は感じます。

 

IMG_3670_R22.JPGIMG_3671_R22.JPG

歯根も無事に抜歯を終えました。

 

左上第一大臼歯の抜歯とメタルタトゥー金属粒子が入り込んだ歯ぐきを切除した状態の写真IMG_3676_R22.JPG

抜歯後の状態です。

 

左上第一大臼歯の抜歯後にTCコーンとスポンゼルを入れて縫合した状態の写真IMG_3681_R22.JPG

吸収性のコラーゲンシートを内部に置いて縫合しました。

約一週間後に抜糸します。

本日切除した部分も含めて治癒が期待できます。

充分に治癒したのちにはインプラント治療の予定です。

 

Y・Sさん、歯は残念でしたがメタルタトゥーが除去できて幸運ともいえます。

少し痛むかもしれませんのでお大事に。

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス 

こんな記事も読まれています

根尖病変のある左下第二大臼歯の抜歯と掻爬(そうは) 2024.05.31|抜歯後の骨増生

根尖病変のある左下第二大臼歯の抜歯と掻爬(そうは) 2024.05.31|抜歯後の骨増生

歯根吸収を起こしていた右下奥歯の抜歯 2024.05.29|根尖病変

歯根吸収を起こしていた右下奥歯の抜歯 2024.05.29|根尖病変

メタルタトゥーの切除から4年8ヵ月経過した歯ぐきの状態です。2024.04.16|金属刺青|入れ墨

メタルタトゥーの切除から4年8ヵ月経過した歯ぐきの状態です。2024.04.16|金属刺青|入れ墨

歯根の先端が炎症を起こしていた大臼歯の抜歯 2024.04.03|根尖病変|膿の袋

歯根の先端が炎症を起こしていた大臼歯の抜歯 2024.04.03|根尖病変|膿の袋