スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

メタルフリー歯科

2016.6.2

ラバーダムを装着してアマルガムを除去する動画です。2016.06.02

 

IMG_0388_R22.JPG

右下第一大臼歯にアマルガム充填がなされています。

アマルガムとは水銀と金属粉末を混ぜ合わせた金属化合物です。

昭和50年代までは充填物としてよく用いられていました。

少なくとも審美的ではなく、金属修復の悪い点をすべて持ち合わせています。

 

アマルガム除去の動画ラバーダム2016.06.02.gif

アマルガムの除去時には切削により有害な水銀蒸気が出ることが判っていますので

ラバーダムを装着して口腔粘膜を保護し、しっかりとしたバキュームと

注水量の多い切削器具を用いて削り取ることが重要です。

ラバーダムをせずにアマルガムを除去したとすれば有害物質を口腔内にばら撒くことになってしまいます。

そのことによって金属アレルギーが悪化することも起こり得ます。

治療ユニット(チェア)の性能こそが重要ですので弊オフィスはドイツ製のユニットのみ使用しています。

 

IMG_0390_R22.JPG

アマルガムの除去を終えました。

 

IMG_0406_R22.JPG

セレックでワンデイトリートメントを行い、セラミックインレーを接着します。

接着時にはラバーダムを装着して水蒸気を遮断することが重要です。

 

IMG_0408_R22.JPG

咬合調整と仕上げ研磨を終えました。

 

H・Mさん、いよいよ残りの金属は1個になりましたね。

 次回でメタルフリーの達成です!

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

メタルフリー治療を行う広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

厚生労働省 医療広告ガイドライン に沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

こんな記事も読まれています

左下第一大臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.08.31

左下第一大臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.08.31

金属のつめもの内部のむし歯と、接していた部分のむし歯 2022.08.19

金属のつめもの内部のむし歯と、接していた部分のむし歯 2022.08.19

右上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.07.13

右上第二小臼歯のかぶせものとメタルコアを除去しました。2022.07.13

左下第一大臼歯の金属を除去した内部はこの状態でした。2022.07.08

左下第一大臼歯の金属を除去した内部はこの状態でした。2022.07.08