スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

セラミック歯科

2022.5.21

左下第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.05.21

左下第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行います。

いつものようにラバーダムを装着して金属切削片から口腔粘膜保護してスタートです。

まずは金属を除去しました。

レントゲン写真において近心部分(手前)がむし歯になっていることが

判明していますので、その部分も含めて形成します。

う蝕検知液で染色と切削を繰り返し、近心部分を含めて軟化象牙質の除去を終えました。

ボンディング材とコンポジットレジンでデンティンシール(象牙質保護)を行います。

セレック プライムスキャンでスキャニングし、迅速にデザインします。

セラミックブロックから削り出します。

二ケイ酸リチウムガラスセラミックを用います。

ミリング(削り出し)を終えました。

口腔内で適合を確認します。

研磨後に840℃で約20分間真空焼成します。

焼成することで結晶構造が揃い、歯冠色になり

強度も増します。

セラミック修復物の内面に酸処理を行い、

乾燥状態において接着し、咬合調整と仕上げ研磨を終えました。

A・Tさん、いよいよ左下から金属が無くなりました!

次回からの右下も頑張っていきましょう!

広島市の自由診療専門の歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25

左下小臼歯2本の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.05.21

左下小臼歯2本の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.05.21

左上臼歯部4本の金属を除去してセラミック修復を終えました。2022.04.13

左下第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.04.09