スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

セラミック歯科

2022.7.26

上顎の4個の金属を除去してメタルフリーの達成です。2022.07.26

上顎の4個の金属を除去してセラミック修復を行います。

 

まずは左上第一大臼歯から始めます。

 

金属除去ですので、ラバーダムを装着して金属切削片から口腔粘膜を保護します。

 

まずは金属を除去しました。

 

形成し、デンティンシールを終えました。

 

セレックプライムスキャンでスキャニングして、

セラミック修復物(セラミックインレー)をデザインします。

軽くパウダリングして、スキャニングを助けます。

 

セラミックブロックから切削します。

 

 

二ケイ酸リチウムガラスセラミックであるe.maxⓇを用います。

 

試適したのち、研磨して840℃で約20分間真空焼成します。

 

乾燥状態で接着し、咬合調整と仕上げ研磨を終えました。(2022.06.16)

 

治療2回目は左上第二大臼歯の金属を除去します。

 

形成とデンティンシールを終えました。

茶色に見える裂溝がありますが、あの部分を削ってセラミックに含めることは

現段階では不要と考えますのでそのままにしています。

基本的に予防拡大は行いません。

 

左上第二大臼歯のセラミック修復も終了です。(2022.07.14)

 

最後に本日、右上2本のセラミック修復を同時に行います。

 

右上第一大臼歯と第二小臼歯のセラミック修復が終了です。(2022.07.26)

 

 

普通の状態に戻ったと言えばそれまでですが、白い歯は素敵です。

 

O・Gさん、本日で早くもメタルフリーの達成ですね。

よくぞご決断なさいました!

  

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス 

こんな記事も読まれています

冷水痛・温熱痛といった不快症状のある右上第一大臼歯治療を再治療しました。2022.09.24

冷水痛・温熱痛といった不快症状のある右上第一大臼歯治療を再治療しました。2022.09.24

右上第一大臼歯の金属を除去してメタルフリー達成です。2022.09.16

右上第一大臼歯の金属を除去してメタルフリー達成です。2022.09.16

左下第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.09.10

左下第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.09.10

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15