スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

歯周病再生治療

2022.6.3

下顎前歯の骨欠損に歯周再生治療を行いました。2022.06.03

左下側切歯の近心部分に骨縁下ポケットが形成されています。

CT画像です。
矢印部分の骨が溶けていますので歯周病に対する再生治療を行います。

折角麻酔をしますので、下顎の前歯6本を1ブロックとして治療を行います。
切開線を入れました。

粘膜を剥離します。

骨縁下ポケット部分の炎症性の肉芽組織を取り除きます。(矢印)

下顎前歯6本の大掃除を終えました。

歯周組織再生材料であるエムドゲイン® を塗布します。

骨移植材(リフィットRFT)を填入して骨再生を促します。

吸収性の縫合糸で縫合して終了です。

エムドゲイン®による骨欠損部分の骨再生を期待するとともに、

歯根表面の大掃除をすることで下顎前歯6本の今後の悪化リスクを下げることが目的です。

K・Mさん、よくぞご決断なさいました。

治癒後が楽しみです。

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

右下第一大臼歯遠心根周囲の骨吸収に再生治療を行いました。2022.07.09

右下第一大臼歯遠心根周囲の骨吸収に再生治療を行いました。2022.07.09

左上第一大臼歯の歯周再生治療を行いました。2022.07.05

左上第一大臼歯の歯周再生治療を行いました。2022.07.05

右上犬歯の抜歯と側切歯部に骨増生GBRを行いました。2022.06.03

右上犬歯の抜歯と側切歯部に骨増生GBRを行いました。2022.06.03

左下第一大臼歯の歯周病分岐部病変の再生治療を行いました。2022.04.16