スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

外科処置

2022.7.2

親不知の抜歯後7か月経過した状態です。2022.07.02

画像左端:右下親知らずを抜歯します。(2021.12.07)

局所麻酔後にヘーベルで動かします。

抜歯鉗子でグリップして動かします。

無事に抜歯を終えました。

抜歯後の穴(=抜歯窩:ばっしか)です。

抜歯した右下親知らずです。

抜歯窩挿入用の抗生物質を砕いて用います。

血液の貯留を助けるために吸収性のゼラチンスポンジを挿入します。

止血を終えた状態です。(2022.12.07)

そして本日2022.07.02の状態です。

抜歯後7ヵ月の状態です。

M・Sさん、本日は反対側の親知らずの抜歯を頑張られました。

また治癒の状態を楽しみにしております。

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

右下完全埋伏智歯(親不知)を抜歯しました。2022.08.08

右下完全埋伏智歯(親不知)を抜歯しました。2022.08.08

歯根破折していた右上中切歯を抜歯して骨増生(GBR)しました。2022.07.22

歯根破折していた右上中切歯を抜歯して骨増生(GBR)しました。2022.07.22

膿瘍を形成している右下第一大臼歯を抜歯しました。2022.07.07 スポンゼル いつまで

膿瘍を形成している右下第一大臼歯を抜歯しました。2022.07.07 スポンゼル いつまで

歯根破折していた左上第一大臼歯を抜歯しました。2022.04.01