スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

外科処置

2022.1.21

重度の歯周炎であった左上第二大臼歯と埋伏智歯を抜歯しました。2022.01.21

初診時のレントゲン写真です。

左上第二大臼歯の根尖(=歯根の先端)部分の骨が大きく溶けており、

歯肉の中に植わっている状態です。

その奥には親知らずが横になって埋まっています。

IMG_5970_R5.jpg

実際の左上臼歯部分です

IMG_5974_R5.jpg

見た目だけではそこまで変化を感じません。

CT_20220122221936_R5.jpg

オフィス内の歯科用CTで撮影した3D画像ですy。

2022.01.21 2.gif

骨が溶けているため、骨の中にあるはずの歯根の先端が見えるようになっています。

骨による支えが無くなっている状態です。

2022.01.21.gif

同じく口蓋側面観です。

根尖まで完全に骨吸収している場合は、残念ながら助かることが期待できませんので抜歯をご決断です。

麻酔ついでに奥側の完全埋伏智歯(完全に埋まっている親知らず)も抜歯します。

IMG_5977_R5.jpg

まずは靴ベラ状のヘーベルで動かします。

IMG_5978_R5.jpg

抜歯鉗子でグリップし動かします。

IMG_5986_R5.jpg

まずは無事に左上第二大臼歯の抜歯を終えました。

IMG_5993_R5.jpg

抜歯した左上第二大臼歯です。

IMG_5995_R5.jpg

歯根の先端まで大量のプラークと歯石が沈着しています。

IMG_5988_R5.jpg

抜歯後の穴(=抜歯窩(ばっしか))です。

IMG_5991_R5.jpg

炎症性の肉芽組織が見えていますので、切離してして取り除きます。

残したままにしますと骨の治癒が妨げられることがあります。

IMG_6000_R5.jpg

炎症性の肉芽組織を取り除く前に、埋まっている親知らずの抜歯に進みます。

先に肉芽組織を取り除くと、それによる出血で術野が見えにくくなるためです。

IMG_6002_R5.jpg

切開を加え歯肉をめくってから親知らずを発見し、先ほどと同じく動かしていきます。

 IMG_6004_R5.jpg

歯鉗子でグリップして動かします。

 IMG_6009_R5.jpg

無事に親知らずの抜歯も終えました。

 IMG_6017_R5.jpg

親不知の抜歯窩です。

 IMG_6018_R5.jpg

ここまで来ましたら、炎症性の肉芽組織をしっかりと取り除きます。

IMG_6031_R5.jpg

除去した肉芽組織です。

 IMG_6020_R5.jpg

抜歯した左上親知らずです。退化して歯根の単純化(根を張っていない)が見られます。

IMG_6030_R5.jpg

抜糸不要な吸収性の縫合糸て縫合して完了です。

K・Mさん、よくぞご決断なさいました。

今後さらに咬めるように頑張っていきましょう!

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

右下完全埋伏智歯(親不知)を抜歯しました。2022.08.08

右下完全埋伏智歯(親不知)を抜歯しました。2022.08.08

歯根破折していた右上中切歯を抜歯して骨増生(GBR)しました。2022.07.22

歯根破折していた右上中切歯を抜歯して骨増生(GBR)しました。2022.07.22

膿瘍を形成している右下第一大臼歯を抜歯しました。2022.07.07 スポンゼル いつまで

膿瘍を形成している右下第一大臼歯を抜歯しました。2022.07.07 スポンゼル いつまで

親不知の抜歯後7か月経過した状態です。2022.07.02

親不知の抜歯後7か月経過した状態です。2022.07.02