スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

外科処置

2021.12.29

左下親知らずを抜歯しました。2021.12.29

IMG_4894_R5.jpg

画像左端、左下親知らずの抜歯を弊オフィスでの最初の治療としてご決断です。

頬や舌を噛みやすいとのこと、親知らず自体にもかなりのダメージがあります。

IMG_4895_R5.jpg

いつものように局所麻酔後にヘーベルで動かしていきます。

手前には過去にブリッジがセットされていますので、そこに力が掛からないように注意します。

力が掛かることによってブリッジの脱離を招く可能性があります。

IMG_4896_R5.jpg

動いてきましたら、抜歯鉗子でグリップして慎重に動かします。

IMG_4898_R5.jpg

無事に抜歯できました。歯根の先端は曲がっています。

IMG_4904_R5.jpg
抜歯後の窪み(=抜歯窩(ばっしか))を止血します。

IMG_4905_R5.jpg
抜歯窩挿入用の抗生物質を砕いたものを挿入します。

IMG_4906_R5.jpg
血液の貯留を助けるために吸収性ゼラチンスポンジを挿入します。


この状態からCO2レーザーを照射して表面を焼灼します。

IMG_4909_R5.jpg
CO2レーザーを照射して表面を焼き固めました。

IMG_4900_R5.jpg

IMG_4902_R5.jpg

抜歯した親知らずです。

かつてのダメージがよく判ります。

M・Yさんは外国ご出身の方ですが、

私のつたない英語にもお付き合いいただき、楽しく?治療できました。

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

右下完全埋伏智歯(親不知)を抜歯しました。2022.08.08

右下完全埋伏智歯(親不知)を抜歯しました。2022.08.08

歯根破折していた右上中切歯を抜歯して骨増生(GBR)しました。2022.07.22

歯根破折していた右上中切歯を抜歯して骨増生(GBR)しました。2022.07.22

膿瘍を形成している右下第一大臼歯を抜歯しました。2022.07.07 スポンゼル いつまで

膿瘍を形成している右下第一大臼歯を抜歯しました。2022.07.07 スポンゼル いつまで

親不知の抜歯後7か月経過した状態です。2022.07.02

親不知の抜歯後7か月経過した状態です。2022.07.02