• トップページ
  • 診療の流れ
  • 診療メニュー
  • 代表紹介
  • オフィス内紹介
  • アクセス
  • 求人募集

根管治療

重度の虫歯でも歯を残すための根管治療

虫歯は一度かかってしまうと自然に治癒することはなく、放っておくとどんどんと歯を溶かし、やがては神経まで冒してしまいます。そして神経まで冒された場合、そのまま放置してしまうと抜歯以外に対処法がなくなってしまいます。そこで行うのが「根管治療」です。

虫歯に冒された神経を除去し、神経が入っていた歯の根の中にある管(根管)をきれいにすることで、歯を抜かずに残すことができます。

患者さんの歯をいかに長持ちさせられるか―― そのための根管治療をご提供しています

なお、歯を抜かずに残すことは周囲の歯の歯並びを維持するうえでも非常に大切です。なぜなら1本でも歯がなくなってしまうと、その部分へ両脇の歯が傾き、噛み合せの歯がせり出し、歯列全体の乱れを起こしてしまうことにもつながるからです。

広島市の歯科医院「三好デンタルオフィス」では、「患者さんの歯をいかに長持ちさせられるか」を考え、根管治療に力を入れています。もしも他院で抜歯と診断された方も、まずは一度当オフィスへご相談ください。当オフィスの技術をもって、最大限の根管治療をご提供します。

医院名とともに掲げている「メタルフリーマイクロエンドオフィス」の“マイクロエンド”は、マイクロスコープ(拡大鏡)を用いた精密な根管治療という意味。当オフィスの技術をもって最大限の根管治療をご提供しますので、もしも他院で抜歯と診断された方も、まずは一度当オフィスへご相談ください。

根管治療が必要な症状

神経が残っている歯の場合 神経を取っている歯の場合
  • 冷たいものを飲むとしみる、痛む
  • 甘いものを食べるとしみる、痛む
  • 噛むと痛む
  • 何もしなくてもズキズキと痛む
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきにさわると痛む
  • 噛むと痛む
  • 歯ぐきの中に内出血がある
  • 歯が浮いた感じがする
以上のような、いわゆる虫歯の痛みがあれば、根管治療が必要(=神経が冒されている)かもしれません。特に何もしなくても痛む場合は、ほぼ神経が冒されていると判断してよいでしょう。 一度根管治療を行い、神経を除去している場合は、直接歯に痛みはありません。しかし以上のような症状がある場合は再発している場合がありますので、早急な検査・治療が必要です。

薬剤の充填について

根管治療では、神経を除去して根管内を洗浄した後に根管内に薬剤を充填しますが、この薬剤の充填時に根管内に隙間を残してしまうと、その隙間で細菌が増殖して炎症を起こし、再治療が必要になってしまいます。当オフィスでは薬剤充填を隙間なく行うため、「垂直加圧充填」と「側方加圧充填」という2種類の方法を、患部の状態に合わせて使い分けています。

垂直加圧充填

薬剤を根管の先端まで垂直圧で密封する方法です。アメリカ西海岸で多く使用されているサーマフィルを導入しています。

側方加圧充填
根管の長さを測り、その長さに合わせた細長い薬剤を根管内に入れ、専用器具を用いて側方圧で圧接する方法です。

当オフィスでの根管治療の精度

根管は非常に複雑な形状をしており、肉眼で確認することもできないため、根管治療には非常に高度な技術を要します。しかし残念なことに、不十分な治療に終わり、炎症の再発を招いてしまうケースが後を絶たないのが現状です 。

治療前の状態 当オフィスでの治療例
不十分な薬剤充填によって根管内に隙間ができ、そこから細菌が繁殖して炎症を起こしてしまっています。 根管の先まで隙間なく薬剤が充填されており、細菌が繁殖するスペースをなくしています。

このグラフから読み取れるように、日本の根管治療の現場では、抜髄後(神経を抜いた後)の再治療が大半を占めています。また、日本の根管治療の成功率は60%程度と言われています。一方、世界的な成功率は約90%です。

しかし、保険診療にこだわらず、自費診療の材料・術式の採用が一般化されれば、この現状は変わるはずです。当オフィスではもちろん、患者さんの歯をお守りすることを第一に考え、ケースによっては自費診療による高精度の根管治療をご提供しています。

当オフィスでできること

診査・診断

歯科用CTによる3D画像を用いて根管の状態などを術前に把握します。

根管内の無菌的操作

「ラバーダム」という、治療する歯だけを露出させてお口全体をカバーするゴムのシートを使用し、治療中にだ液内の細菌が患部に感染するのを防ぎます。

患部の拡大

根管内は肉眼で確認できないため、「マイクロスコープ」という患部を拡大して見る機器を使用しながら治療を行います。

MTAセメント

ヒビや割れに対しても治療が可能である場合があります。

自費と保険で変わる根管治療の精度

根管治療をご希望の方へ

『根管治療』は、根管から歯髄を取り除いて洗浄・殺菌し、薬剤を詰めて被せ物で補う治療で、『歯内療法』ともいわれます。自分の歯を残すための最も大切な治療であり、歯の寿命に直結します。
根管は樹枝状の複雑な構造をしているので、難しい治療になることも珍しくありません。
自費診療の根管治療を受けていただくことで、生涯の口の健康維持に繋がる精密な治療を行なうことができます。
ただし、希望される方には、保険診療の範囲内でも治療を受けていただけます。

根管治療の際の注意事項
  • 一時的に痛みや腫れが出ることがあります
  • 当院では自費診療となります
  • 患者様で治療の途中で中断をされると、悪化し歯を残せなくなることがあります
  • お問い合わせはこちら

  • 日々の治療例はこちら

〒732-0825 広島市南区金屋町2-21-1F

地図アプリ を起動する

詳しい医院情報はこちら
082-258-1184