スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

セラミック歯科広島

2022.9.24

冷水痛・温熱痛といった不快症状のある右上第一大臼歯治療を再治療しました。2022.09.24

右上第一大臼歯の治療を数か月内に受けられており、レジン系材料のインレーがセットされています。

治療後から不快症状(冷水痛・温熱痛)が出ておられ、弊オフィスでの再治療をご希望です。

   

初診時のデンタルレントゲン写真です。

〇の部分が過去の治療部分です。

高校生さんにつき、歯髄の活性が高いと考えられますので、

再治療を行うと不快症状が解消する可能性が十分にあります。

※未成年の方の治療は、保護者の方の治療履歴がある方に限っています。

  

デリケート処置につき、ラバーダムを装着して唾液による汚染を避け、スタートします。

事前にセレックでスキャンしていますので、読み取り用のパウダーが付いています。

 

過去の人工物を除去しました。

露髄(=歯髄が露出した部分)があります。

 

う蝕検知液で染色しますと軟化象牙質が染まります。

 

顕微鏡下で録画しながら、慎重に染色と切削を繰り返します。

 

露髄部分はMTAセメントの一種であるセラカルLCセメントで保護します。

 

接着処理を行い、コンポジットレジンでデンティンシール(象牙質保護)しました。

  

セレックでスキャンニングし、迅速にセラミック修復物をデザインします。

 

セラミックブロックから削り出します。

 

二ケイ酸リチウムガラスセラミックである e.max® CADブロックを用います。

   

ミリング(削り出し)を終えました。

   

接触圧を調整し、適合を確認します。

   

840℃で約20分間 真空焼成します。

焼成することで結晶構造が整い、歯冠色になり強度もアップします。

   

乾燥状態で接着し、咬合調整と仕上げ研磨を終えました。

   

生活歯(=神経の生きている歯)のデリケートな処置であるからこそ、

余計な汚染を避け、麻酔の回数を減らすためにも一回の治療で完成まで進むことが大切です。

歯の神経(歯髄)は、血流により歯に栄養をもたらすため、歯の寿命に密接に関わってきます。

当然ですが、弊オフィスでは出来るだけ神経を残す治療方法を選択しています。

   

K・Tさん、怖かったと思いますが、よく乗り越えられました。

これで不快症状が消失することを祈っています。 

   

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス  

こんな記事も読まれています

左下第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2023.01.19|広島

左下第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2023.01.19|広島

古いコンポジットレジンの内部がむし歯になっていました。右下小臼歯 2023.01.14|広島

古いコンポジットレジンの内部がむし歯になっていました。右下小臼歯 2023.01.14|広島

部分矯正を行い右上第二小臼歯・第一大臼歯のセラミック修復を行いました。2022.12.21

部分矯正を行い右上第二小臼歯・第一大臼歯のセラミック修復を行いました。2022.12.21

左下第一大臼歯の再根管治療・異物除去・セラミック修復を終えました。2022.12.20

左下第一大臼歯の再根管治療・異物除去・セラミック修復を終えました。2022.12.20