スタッフブログ

※厚生労働省 医療広告ガイドラインに沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)

セラミック歯科

2022.4.13

左上臼歯部4本の金属を除去してセラミック修復を終えました。2022.04.13

左上臼歯部4本の金属を除去してセラミック修復を行います。

第二大臼歯からスタートです。

続いて第一大臼歯です。

第二小臼歯は過去に神経を取ってある失活歯ですので再根管治療を行います。

第二小臼歯の再根管治療を終え、

いよいよ本日、最後の第一小臼歯の金属を除去しセラミック修復します。

除去した金属の内面です。

第二小臼歯の支台築造と、第一小臼歯の支台歯形成及びデンティンシールを終えました。

※形態と深さによっては、この段階でのデンティンシールを省略する場合があります。

セレックプライムスキャンでスキャニングしてセラミック修復物を迅速にデザインします。

第二小臼歯のセラミック修復物です。

第一小臼歯のセラミック修復物です。

二ケイ酸リチウムガラスセラミックであるe.max🄬ブロックから削り出します。

2個の修復物の削り出しを終えました。

口腔内で適合を確認します。

研磨後に840℃で焼成します。

焼成することで結晶構造が整い歯冠色になり、強度も増します。

内面をフッ酸処理し、乾燥状態で接着し、咬合調整と仕上げ研磨を終えました。

セラミック修復治療は、金属を除去して生体親和性の高いセラミックに置き換えることが目的です。

色調が白くなることはあくまでも「おまけ」と考えます。

同じサイズの治療をレジン系の材料で「白く」治すことは、細菌の付着性や摩耗の速さを考えると問題です。

咬み合わせの高さの変化を早期に招くことを考えると、金属のままの方がまだましと考えます。(個人の見解です)

K・Tさん、山口県からのお越しに恐縮です。

次回よりいよいよ前歯の治療ですね、楽しみです。

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

広島市南区の自由診療専門歯科 三好デンタルオフィス

こんな記事も読まれています

上顎の4個の金属を除去してメタルフリーの達成です。2022.07.26

上顎の4個の金属を除去してメタルフリーの達成です。2022.07.26

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15

右上第一大臼歯の金属を除去してセラミック修復しました。2022.07.15

左上第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.07.13

左上第二大臼歯の金属を除去してセラミック修復を行いました。2022.07.13

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25

左下大臼歯2本のセラミック修復を終えました。セレック治療 2022.06.25