メタルフリー治療2021年04月14日
金属のかぶせものとメタルコアを除去した内部の状態です。2021.04.14

IMG_0404g_R3.JPG

右下第二大臼歯(矢印)の再根管治療を行うため、金属を除去します。

 

初診時のレントゲン写真です。

金属支柱であるメタルコアがセットされ、さらに金属のかぶせものがセットされている状態です。

歯根の先端(根尖:こんせん)部分の透過性が亢進しており、病変が形成されています。

 

IMG_0406_R3.JPG

まずはかぶせものに切れ目をいれてます。

金属切削片が大量に出ますのでラバーダムを装着して粘膜を保護してスタートします。

金属切削片が粘膜に触れることで、金属アレルギーを惹起したり、悪化させたりすることがあります。

 

IMG_0407_R3.JPG

無事にかぶせもの(いわゆる銀歯)が取れました。

 

IMG_0409_R3.JPG

咬合面観です。

 

IMG_0413_R3.JPG

除去したかぶせものの内面です。

嵌りこむような構造が形成されています。

 

IMG_0412_R3.JPG

支台歯(かぶせものが被さる歯)にはメタルコア(金属支柱)がセットされています。

遠心頬側に大きな切り欠きがあります。

 

IMG_0416_R3.JPG

続いてメタルコアも除去します。

 

IMG_0417_R3.JPG

2分割して歯にストレスをかけないように除去します。

 

IMG_0421_R3.JPG

メタルコアを除去した後の状態です。

境い目からとても黒くなっており、唾液および細菌の漏洩を示唆しています。

むし歯になったことで治療したにも関わらず、結果として むし歯を引き起こしている現実があります。

 

IMG_0424_R3.JPG

内部のセメントも除去しました。

次回より再根管治療を行います。

 

IMG_0422_R3.JPG

1本の歯から、これだけの金属を本日取り去りました。

 

M・Mさん、次回からの再根管治療も楽しみです!

 

相談はお気軽にこちらからどうぞ。 

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

 

厚生労働省 医療広告ガイドライン に沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)