設備・機材2019年12月24日
エアーレギュレータのゲージを交換しました。2019.12.24

IMG_9162_R26.jpg

歯科治療には圧縮空気(圧搾空気)が欠かせません。

 写真下側のエアーコンプレッサーで圧縮空気を作りタンクに溜めているのですが

それぞれの治療ユニットに圧縮空気を送る際に、強すぎることなく適切な空気圧に弱める必要があります。

その空気圧調整を行うのがエアーレギュレータ(矢印)です。

 

IMG_9161_R26.jpg 

エアーレギュレータの上部には空気圧ゲージがついています。(矢印)

このゲージからエアー漏れが起こるようになっていましたので交換しました。

 

備忘録として 

広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

 

厚生労働省 医療広告ガイドライン に沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)