オフィスポリシー2016年07月30日
むし歯の治療には「う蝕検知液」が重要です。 2016.07.30

 

IMG_3003_R22.JPG

左下第二大臼歯ミラー像です。

巨大な金属アンレー(オンレー)がセットされています。

 

IMG_3004_R22.JPG

まずは金属を除去しました。

 

IMG_3005_R22.JPG

ある程度修正して、う蝕検知液(むし歯検知液)で軟化象牙質を染色します。

 

IMG_3006_R22.JPG

水洗しましたらかなりの範囲が赤く染まっています。

前回の治療時にすでにこのようになっていて取残っていたか

前回の治療後に金属の内部でこっそりとむし歯になっていたのかは不明ですが

接着に関して言えば軟化象牙質は間違いなくマイナスです。

むし歯の治療に際しては、う蝕検知液は絶対に欠かせないものです。

目分量および勘や経験では判断できない次元のものです。

 

K・Aさん、ついに下顎から金属が無くなりました。

次回からいよいよ上顎ですね!

 

もしよろしければ

ブログランキングに投票のため、このリンクのクリックお願いいたします。

 

ご相談はお気軽にこちらからどうぞ。

確実な歯科治療と写真を重要視する広島市の自由診療専門の歯科医院 三好デンタルオフィス

厚生労働省 医療広告ガイドライン に沿うための記述

すべての歯科治療は、治療行為によって治癒や改善が約束されているわけではなく、状態の悪化や後遺症の発生、抜歯や死亡を招くリスクを伴います。※治療費用の例示・根管治療を伴う普通再治療約20万円(かぶせもの除去・メタルコア除去・根管治療・根管充填・レントゲン・支台築造・かぶせもの)・普通セラミックつめもの約6万円・普通セラミックかぶせもの約8万円・普通セラミック前歯約13万円・普通抜歯約1.7万円・普通レジン充填約1万円(税抜)